三の哲学

誰の言葉か忘れたしその内容もうろ覚えだけどなるほどなあという考え方があって

3日続けば1ヶ月(30日)は続く
1ヶ月続けば3ヶ月は続く
3ヶ月続けば1年(300日)は続く
1年続けば3年は続く

っていうのがあって“三の哲学”って勝手に呼んでるんだけど、ほんまかいなと眉唾な感じもあるけどなんとなくしっくりくるから割と好きな考え方です。

そういう風に考えれば30歳というのは一つの人生の区切りであって、それを目前にして特筆すべき点もなく焦ったり不安になったりということもあったり。

その時々で自分の考え方は変わっていくものですし、その間もちろん社会も変遷しますが、何か拠りどころになる哲学のようなものに沿っていけば生きやすいのかなと思います。取り入れる考え方もその時々で変わっていけばいいのですが、短期的なスパンでもつまみ食いした哲学に沿っていければいいなと。

引越して3ヶ月がもうすぐ過ぎようとしていますが、猫との関係に改善の兆しはそれほど見られず、しかし最近トイレ掃除を任せてもらえるようになりました。ありがたいことです。

Rohan in the new house