馴染みの美容師に出会うとQOLが向上する

引越して美容室も近所の方が良いかと思い新しい所で切ってもらったのが1ヶ月前。どうもしっくりこない。担当の美容師さん(若い女性で伊勢丹や大丸でお買い物するのが好きって言ってた)との会話も苦痛だったしカットしてもらった後もなんか髪型に違和感がある。

髪伸びたらしっくりくるのかと思ったがどうもいかん。年末だしカラーもやってほしいなと思い以前通ってた美容室へ行くことにした。家から遠いので往復の電車代もかかるけどカット+カラー+トリートメントで3900円の激安価格なので問題なし。なんでこんなに安いのか。従業員の生活は大丈夫なのだろうか。嫁子供食わせていけるのか。1時間半の施術で3900円ということは1時間あたり2600円なのだが原価とかそういうのちゃんと計算してるのか。回転数を上げ馬車馬のように働いて疲弊しないのだろうか。美容師さんも大変だなあ。しかし俺の生活が第一である。

担当の美容師さんとは同い年で話も合う。さすが美容師といったところでファッションの知識も豊富で、今日も新しいスニーカーからおすすめのセレクトショップまで色々と教えてもらえて嬉しい。ハリーポッターのスネイプ先生は実はいい奴で二重スパイというネタバレも頂戴した。ハリーの親父はいじめっ子だったらしい。許せん。

1時間半はあっという間でカラーも綺麗に染まり髪型もしっくりだ。

今朝は夜勤明けで仕事のミスに凹み憂鬱だったが少し和らいだ。ミスした時に包み隠さず報告できるかどうかに真の人間性があらわれるような気がする。散々逡巡してご家族と引継ぎのヘルパーさんになんとかできるだけ正直に伝え、帰りの電車で事業所にメールを送ると急病人で電車が止まった。朝のラッシュに輪をかけてぎゅうぎゅうの車内で突き飛ばされながら外に出るのはしかし釈然としない。みんな大変だ。

家に帰るといつもはそっけない猫が少し優しかった。